特定健診・保健指導

当院では、横浜市の特定健診・特定保健指導を受け付けております

メタボリックシンドロームに着目した健診・保健指導が始まります

特定健診・特定保健指導
メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪が蓄積することにより、高血圧、高血糖、血中の脂質異常になっている状態をいいます。
食事や運動などの生活習慣を改善しなければ、心筋梗塞や脳卒中などが起こりやすくなってしまいます。

生活習慣予防健診の目的

1. メタボリックシンドロームの原因でもある、内臓脂肪の蓄積、生活習慣病の危険性を知ってもらう。
2. 健診の受診者自らが、生活習慣を見直し改善する。

健診の内容

まず腹囲やBMIで内臓脂肪の蓄積を調べます。
他に血圧、血糖検査、血中脂質検査、尿検査、肝機能検査や、喫煙暦などの生活習慣に関する問診などが行われます。
結果により、心電図、眼底検査、貧血検査などの詳細な検査を実施することもあります。

BMI(肥満度)の測定方法
BMI(基準値:男女ともに22)=体重(Kg)÷身長(m)÷身長(m)

健診の対象者と支援

35歳以上75歳未満の方が受診できます。
40歳から74歳までの方は生活習慣病予防健診を受診すると、特定健康診査を受診したことになり、メタボリックシンドローム予備群と判定された方は、特定保健指導を受けることができます。
健診の対象者と支援

特定保健指導とお申し込みについて

医師、保健師、管理栄養士などの保健指導の専門家が、メタボリックシンドロームを予防し、より健康に過ごして頂く支援を致します。
各個人に合わせた食事バランスや運動習慣について、分かりやすくアドバイスさせて頂きます。
「動機付け支援」「積極的支援」と記載された特定保健指導利用券がお手元に届いた方は、お気軽に申込みして下さい。

ご予約専用 0120-733-153
※携帯・スマホご利用OK


運営についての重要事項に関する規定の概要(健診機関)はこちら
運営についての重要事項に関する規定の概要(保健指導機関)はこちら