協会けんぽご加入の方

協会けんぽにご加入の方の健診の種類と料金

本人の費用負担額は、各健診費用総額の上限となっております。


一般健診(特定健康検査項目を含む)

健診内容の説明文を記載します。

診察内容
問診・触診・身体計測、視力・聴力測定、血圧測定、尿検査、便潜血反応検査、血液一般検査、血糖検査、尿酸検査、血液皮質検査、肝機能検査、胸部レントゲン検査、胃部レントゲン検査、心電図検査など
※胃部レントゲン検査に代えて、 胃内視鏡検査を実施することも可能です。(差額ご料金が発生致します。)

受けられる方
1. 35歳以上75歳未満の被保険者の方

本人の費用負担
健診費用総額18,865円の38%を負担 ※7,169円


付加検査(一般健診と併せて受診できます)

健診内容の説明文を記載します。

診察内容
尿沈渣顕微鏡検査、血液学的検査、生化学的検査、眼底検査、肺機能検査、腹部超音波検査

受けられる方
1. 40歳の被保険者の方
2. 50歳の被保険者の方

本人の費用負担
健診費用総額9603円の50%を負担 ※4,802円


乳がん・子宮がん検診(一般健診と併せて受診できます)

健診内容の説明文を記載します。

診察内容
乳がん検診:問診、乳房エックス線検査
子宮がん検診:問診、細胞診

受けられる方
一般健診を受診する、40~74歳の偶数年齢の女性の被保険者で受診を希望する方
※40~48歳の方と50歳以上の方で費用負担が異なります

本人の費用負担
健診費用総額の30%を負担
※50歳以上:1,086円/ 40~48歳:1,686円


子宮がん検診(単独受診)

健診内容の説明文を記載します。

診察内容
問診、細胞診

受けられる方
20~38歳の偶数年齢の女性の被保険者で受診を希望する方
※36歳、38歳の方で一般健診を受けられる方は、一般健診と併せて受診可能です。

本人の費用負担
※1,039円


肝炎ウィルス検査(特定健康診査項目含む)

C型肝炎は肝硬変や肝がんなどに進行しやすいといわれます。特に中高齢者に感染者が多いとみられるため、緊急対策として今まで肝炎検査を受けたことのない方を対象に希望者個人の申込により実施します。
※プライバシーに配慮して、本人自身が健診実施機関に直接申し込みます。

診察内容
HCV抗体検査、HBs抗原検査

受けられる方
1. 一般健診を受診する方
2. 一般健診においてGPT値が36以上であった方
※過去にC型肝炎ウィルス検査を受けたことのある方を除く。

本人の費用負担
※624円


協会けんぽへのお申込みの流れ

2020年度から生活習慣病健診申し込み用紙は廃止となりました。

その為、お申し込みの際は、保険証が手元にある状態でご予約をお願いいたします。支部名と保険証の記号・番号を確認させていただいております。

「生活習慣病対象者一覧」がお手元にある場合はこちらの健診センターへFAX(045–869-4603)もしくはメール添付にて送信してください。
メールアドレス:sate-kyokai@tmg.or.jp